社長blog

2018/10/15

#勝負の世界

土日は好天に恵まれまして

来るお客さまが皆さん異口同音に

いい天気で、サイコーですね~

とおっしゃってくれました。

ゴルフもそうですし、パークでも絶好の行楽日和になりました。

そんな中、

『はたらくくるま 大集合』

イベントが開催されました。

流星くんがお子さんのサポートをしてました。

他にも沢山の業務用車輌、バス、タクシーなど乗降自由の車に皆さん大はしゃぎでした(^^)

さて

週末

色々なスポーツ、手に汗握る試合が各地で繰り広げられました。

バサジィ大分は一分一敗

ヴェルスパ大分は引き分け

大分トリニータは負け

ヤクルトスワローズは連敗して

敗退…

私的には

最悪の2日間でした(泣)

プロ、アマ問わず公式の試合は基本

トーナメント方式かリーグ戦方式です。

一発勝負のトーナメントは

負ければおしまい

なのです。セントラルリーグのクライマックスシリーズはまさに短期決戦の象徴でした。

追い込まれて後がないときに序盤にホームランでポンポンと点が取られた時点で、まず勝てないですよね。

流れ

は勝負の世界で必ずあります。

トリニータの町田戦、前半終わり近くまではいい流れでしたが…

決定機を外し過ぎた感は否めませんでしたが

あとは見ての通り。

でもこちらはリーグ戦です。

切り替え

と以前書きましたが、勝負の世界でも

切り替えは大切です。

仕事もスポーツの勝負も厳しい世界です。

共通の言えることは

最高の結果を導くための準備、努力、リスク管理、全力を出して集中する、助言を聞く、途中で軌道修正することも受け入れる

という過程を経て

最後は

勝ちたい

負けたくない

という気持ちの強さが

現れるのではないでしょうか。

まだまだ自分への厳しさを追求していかねば

と考えさせられました。

                                  後藤 康男   拝

\ この記事をシェアする /

社長ブログ一覧に戻る

社長blog 過去の記事

HOMEに戻る

\ 城島高原パーク公式SNS /