社長blog

2018/09/15

浅田飴&大分

天気雨…ですかね…

もう止んだみたいですね(^^)

今、Jリーグ界の最新話題というかネタが

浅田飴さんが大分トリニータのスポンサーになっていただいたという事でしょう。

以前もこのブログで言ったように、片野坂監督が試合で大声で指示を出している中で、試合後インタビューの声が驚くほど枯れていたのです。

それを見ていた大分サポーターが

『浅田飴さん、監督の喉を守ってください!』とのツイートを発信したのです。

すると浅田飴さんの公式ツイッターが反応してくれ、のど飴を贈呈してくれ、さらに社長が自らわざわざ大分へ来県いただき、今季からのスポンサードを契約していただいたという運びになったという話です。

ここ数試合は片野坂監督がこのように

浅田飴缶を常に携帯して、指揮していて

浅田飴の社長も鳥肌が立つくらい感激したそうです。

いい話ですね~~

この一連の展開を整理すると

1.一つのツイッターでの呟きが大きく

  人の心を動かした

2.その呟きを当事者が看過することなく反応

   対応した

3.さらに、その好意的な反応に即応して

   営業訪問した。

4.メデイアに出現する場面(試合中)でその商品

   を実際に使用している強烈なインパクトが

   さらに共感を湧き起こした

5.そこで、会社トップのクイックな動き(大分   へ来県、しかもレプリカを自前で購入)

 の中、契約を結んだ

6.この短期間の一連の経緯でマスコミが

   ニュースとして流す→またツイッターで

  拡散(^^)→企業イメージの大いなる高揚、

  共鳴する消費者の購入…

ということですかね。

ビジネスの創造という一つの好事例というか

こういうこともある

という学びの一コマでした。

私も一ファンとして、浅田飴をトキハさんで買って、愛用しようかと(笑)

あー

あと

社内で声が枯れるほど

を飛ばさないと

ダメなのか(苦笑)

とも考えてしまいました(笑)

                                      後藤 康男   拝

   

\ この記事をシェアする /

社長ブログ一覧に戻る

社長blog 過去の記事

HOMEに戻る

\ 城島高原パーク公式SNS /